戸坂モータースのブログ〜One Step 

アクセスカウンタ

zoom RSS 転ばぬ先の杖

<<   作成日時 : 2006/03/13 23:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

日曜日は先週に引き続き山陰へ釣行のはずでしたが、前の晩から呑めや歌えで結局帰ったのが4時半。
二日酔いの兆しで頭も痛いし、雨も降り出して既に戦意喪失。
次に目が覚めるともう9時をまわっていました。
流石に二日酔いでこの時間から山陰まで行こうとは思わなかったけど、休みの日に一日中部屋で呆けるのも勿体ないんで実釣を兼ねて練習へ行くことに。

雨が降った後だったので濁りはあまり無かったけどチョット増水気味。水温も結構低くなってるみたい。流れを跨いで中州へと渡り、川の合流部で釣りを開始。
いつもはCNDのTrackerかScottのARC1196の低番手でウエットを流すのですが、先週使ったラインを更に短くしてディープウェーディング用に改良した物をテストするためにあえてサクラ用のシステムでストリーマーを流します。
画像

全長約13m、重量約500grainのシューティングヘッドは最初に作った時に比べてかなり短く軽くなりましたが、アンダーハンドキャストぎみのキャストをすることでアンカー切れも起こさず、腰までのウェーディングでも楽にキャスティングできるようになりました。
ドリフトは相変らず自信がもてません。ドライフライだったら目で見ることができるけど、ウエットやストリーマーはそうはいかない。目で追えるのはフローティングのランニングラインのみでその先は想像の世界。フライの着水点と川の流れ具合を見てイメージしなければいけないのですがこれが難しい。
フライは思った所を流れているのか、
フライはきちんと沈んでいるのか、
フライは泳いでいるのか、
どれも頭の中に浮かんできません。
昼過ぎから上流からの風が強くなってきたのでここで終了。
今日もまたサカナの姿は見れませんでした。

フライを外し、ラインをリールに巻き取り、川を渡って帰ろうとしたのですが・・・
渡れない。水が増えてる。流れも押しが強くなっている。
油断してました。まさかこんなに増水してるなんて。
30分くらい渡れそうな所を探しましたが、結局朝渡って来た所が一番マシ。
ウエーディングベルトをきつく締め、デジカメと携帯をビニールの袋に入れて少し上流にスタンバイ。
ウエーディングスタッフに願いを込め、斜め下流に向けて渡り始めました。
止まらないように、川底の石につまずかないように、バランスを崩さないように。

なんとか、寒中水泳は免れました。
ウエーディングスタッフと偏光グラス様サマです。
本流やる時は必ず装備しておかないといけないアイテムですね。
川の状況も、もっと注意をする必要があります。反省です。
皆さんも気をつけましょうね。



ポチッとココを一押し

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
転ばぬ先の杖 戸坂モータースのブログ〜One Step /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる