戸坂モータースのブログ〜One Step 

アクセスカウンタ

zoom RSS ルアー

<<   作成日時 : 2006/07/15 18:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

フライを始める前はルアーをやっていた。

こういう人は結構いるのではないでしょうか?

昭和40年代の人達のフィッシングバイブル、釣りキチ三平。

山形県朝日村大鳥池の「タキタロウ」を釣る話しで兄貴分の魚信さんが三平にルアーフィッシングを教える。

そして、三平は幻の魚「タキタロウ」をヒットさせるがファイト中に起きた地震により、水中の裂け目に「タキタロウ」は消えていった。

確か、こんなストーリーだったと思います。

ルアーフィッシングを初めて知った、小学生低学年の頃。

すっごく、憧れてましたね。

当時の釣り具店にもルアー用品は置いてましたが、ショウケースに入れられていて小学生の自分にはとても高価なモノでした。

今と違って情報も無く、ルアーと言えば釣れない釣りの代表みたいな感じでした。

初めてルアーで釣れたのはニジマス。

ルアーはスピナーでブレットンだったと思います。

ホントに釣れるんだと感動しましたね。

その後はラパラのCD3を渓流でアップクロスに投げて早引きするのがお気に入りでした。

サカナが追いかけてきてバイトする瞬間が見れるのが楽しかったです。

高校卒業後は2輪に目覚めてしまい、しばらく竿を握ることが無くなってましたが、引退した頃ちょうどバスブーム到来。

ルアーの新化には驚きました。

ラッキークラフトのフラッシュミノー。

ジャーク&トゥイッチでバスが狂ったように浮いてくる。

これを渓流に持ってったらどうだろう?

立岩ダムのインレット付近の淵がまだ砂利で埋まってなかった頃、試してみました。

案の定、型の良いアマゴやゴギがすごい勢いで追いかけてきました。

飽きられるのも早かったですがサカナへのアピールは凄かったです。

フライでこのアクションが出せれば本流の釣れないサカナも釣れるような気がするのですが、こういう考えをするフライマンはやっぱり邪道でしょうか?

ただ今、ウエット&ストリーマー流し方が全然解らなくなってます。




ポチッとココを一押し

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ルアー 戸坂モータースのブログ〜One Step /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる